ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える!ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える! | GogoJungle



インジケーター

【FX】ストキャスティクス シンプルサイン

目次

  • ストキャスティクスの説明
  • ロジック説明
  • 機能しそうな場面の考察
  • ダウンロードリンク 

ストキャスティクスの説明

ストキャスティクスは一定期間の最高値と最安値に対して、現在の株価が、どのくらいの位置いるのかということを数値化したもので、「売られすぎ」なのか「買われすぎ」なのかを知りたいときに使うケースが多い指標です。

似たような指標に、RCIやRSIががありますが、これらとの一番の違いは、売られすぎ買われすぎの期間を重要視せず、値幅に重きを置いた点です。RCIは値幅を気にせず期間にのみ重点を置いて、RSIは、SCTとRCIの中間って感じです。


ロジックの説明

これに関しては、めちゃめちゃシンプルです。

80以上でデッドクロス、20以下でゴールデンクロスでシグナルが出ます。

パラメーターは K5 D3 S3 

 

こんな感じ。

機能しそうな場面の考察

写真はEUR/USDの1時間足です。白いラインはラウンドナンバーです。

この写真のように、ラウンドナンバー等の、重要な水平線を背にする形でサインが出て、なおかつ、包み足になっていれば、思い切って使えるかなと思います。ラウンドナンバーや、かなり強いサポートでもない限り、トレンドには逆らわないトレードの方がいい気がします。

 

ストキャスティクスの特性として、トレンドに逆行する形で使うと、思いっきり担がれるパターンが多発します。なので、使う場所はある程度吟味したほうが良いでしょう。

 


とまあ、今回はこんな感じで終わりたいと思います。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

下にダウンロードリンクを貼っておくので、よかったら検証してみてください。

 

 

固定ページ

ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える!ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える! | GogoJungle

-インジケーター

© 2022 PapuaFX 機械に任せて淡々と Powered by AFFINGER5