ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える!ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える! | GogoJungle



独り言

負けてる人の特徴

こんちわパプアです('ω')ノ

今日は、負けてる人の特徴を、独断と偏見で書いていきます。



負けてる人の特徴

①GEMまたはXMを使っている。

②少額でトレードをしている。

③ルールの意味を勘違いしている。

④過去検証、デモトレードを軽視している。

⑤本番口座でメンタルを鍛えると言っている。



①GEMまたはXMを使っている。

まずは①の「GEM又はXMを使っている」ですが、

単純に、ボーナスに目がくらんで、

スプレッドがトレードに与える影響を軽視している人が多いって事です。

スプレッドが広ければ広いほど難易度が上がります。

過去の記事でも書きましたが、スプレッドの影響は甚大です。

それをちゃんと理解しないで、

ボーナスに目がくらんで証券会社を選んでいる傾向が強いです。



②少額でトレードをしている。

次は②の「少額でトレードしている」です。

少額から大金を手に入れようとし過ぎて、

ハイレバトレードになりがちです。

なので、チキン利食いや、損切が出来ないと言った、

典型的な負けパターンにハマってしまします。


証拠金10万円を100万円にするより、

100万円で100万円を取りに行く方が圧倒的に楽です。


なので、少額で無理して増やそうとせず、

ある程度貯金して、証拠金を増やしてからトレードするようにしましょう。



③ルールの意味を勘違いしている。

次に③の「ルールの意味を勘違いしている」ですが、

これも過去の記事で書きましたが、


①過去検証で勝てる手法を見つける。

②デモトレードで練習する。

③本番口座でルールを守る。


①②が出来て、初めてトレードルールとよべます。

①②をすっ飛ばして、いきなり本番口座で、

勝てるかもわからない手法を、ルールとよんでいる人を良く見かけます。


Twitterでも、何度も言っているので耳タコかも知れませんが、

ルールと縛りプレイは別物です。


④過去検証、デモトレードを軽視している。

最後に④の「過去検証、デモトレードを軽視している」ですが、

先に上げた「ルールを勘違いしている」でも言った通り、

過去検証で勝って、デモトレードで練習し、本番トレードでルールを守る。

これが一番重要になってきます。

その基礎となる「過去検証」「デモトレード」を軽視している人がすごく多いです。


最短で常勝トレーダーになりたいなら、「過去検証」と「デモトレード」は

避けては通れない道です。


焦る気持ちもわかりますが、遠回りに見えて、これが一番の近道です。



⑤本番口座でメンタルを鍛えると言っている。

最期に⑤の「本番口座でメンタルを鍛える」と言っている人ですが、

メンタルなんてのは、検証を繰り返し、自分の手法に自信が持てていれば、あえて鍛える必要がありません。

放っておいても勝手に強くなるのがメンタルです。

メンタルを鍛えろと言うのは、アフィリエイト報酬が欲しい人達の考えで、

まんまと乗せられた情弱がやる事です。

まずは、基本となる検証に力を入れ、自分の手法に自信が持てるようになるまで、

資金は大事に貯めておきましょう。



おわりに

さて、こんな感じで、負けてる人の特徴をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

心当たりのある人は、自分のトレードを見直す事をお勧めします。

アフィカスの口車にのらず、自分だけの聖杯を手に入れられるよう、頑張りましょう!

 

固定ページ

ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える!ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える! | GogoJungle

-独り言

© 2022 PapuaFX 機械に任せて淡々と Powered by AFFINGER5