ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える!ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える! | GogoJungle



基礎知識

ボリンジャーバンドの基本

こんちわパプアです('ω')ノ

今日は、ボリンジャーバンドの基本的な知識について書いていきます。



ボリンジャーバンドとは

統計学を基にしてFXの相場を分析するテクニカル指標です。

相場のボラティリティ(変動性)を一定期間のデータから測定することで、今後の価格変動範囲を予測するのが特徴です。

ボリンジャーバンドは 「+3σ」 「+2σ」「+1σ」「移動平均線」「−1σ」「−2σ」 「−3σ」 という7つの線の(バンド)で構成され、このσ(シグマ)という標準偏差を基にして計算が行われます。


ライン内に収まる確率

これらの数値を参考に現在のレートを確認することで、相場の動きを予測することが可能です。

具体的には、レートが+σ2のラインを超えているチャートの場合、高確率でバンドの中に戻ることが予想されます。


ボリンジャーバンドの動きは大きく2種類

ボリンジャーバンドの動きには大きく2つあり、それぞれに以下のような特徴を持っています。

スクイーズとエクスパンション

スクイーズ(収束)
バンドの幅が中央の移動平均線に近く、狭まっている状態のことを指します。値動きが小さい状態が継続していて、その後に大きなトレンドが発生する可能性があります。


エクスパンション(拡大)
バンドの幅が広がりつつある状態で、一般的には強いトレンドの発生~継続の可能性ありと判断されます。スクイーズからエクスパンションに移行するのが通常で、この状態では順張りでポジションを建てる人が多くなる傾向にあります。


また、レンジの判断もしやすいので人気のインジケーターです。

ただし、ボリンジャーバンドのみで売買タイミングを計るのは難しいため、

MACDやRSIといったオシレーター系のテクニカル指標と併用する人の方が多いかも知れません。



固定ページ

ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える!ノーコードで誰でも簡単EA開発!MQL言語学習にも使える! | GogoJungle

-基礎知識

© 2022 PapuaFX 機械に任せて淡々と Powered by AFFINGER5